出会いアプリの問題点と初心者が心がけるポイント〜体験談も参考に

出会いアプリで被害に合った体験談

出会うためのサービスを提供しているサイトが様々ありますが、
最近ではスマホのアプリが主流となり、年代問わずに幅広い世代の方が利用されています。

 

ただ、出会いアプリを利用して被害に遭ったという方も中にはいるため、実際に遭った体験談を参考に
被害に遭わないように気を付けるようにしたほうが良いでしょう。

 

多いものとしてはサクラの被害ですが、お金を消費させるために
サクラが紛れ込んでいることがあります。

 

サクラはアプリ内でお金を使わせるために、チャットやメールでやり取りしている相手と
実際に会うことはなく、サイト内でのやり取りを永延と続けさせられて、多額のお金を消費してしまったという方も多いです。

 

 

サクラの他にも業者と呼ばれる方も紛れ込んでいることがあり、こちらは
他のアプリやサイトのほうが良いと誘導する手口を使ってきます。

 

手口としては、私はこっちのサイトを使っているからこっちで話をしよう
などと言ってサイトのULRを送ってきたり、アプリの登録サイトのULRが送られることがあります。

 

やり取りでLINEのIDやメールアドレス、電話番号を必要以上に
求めてくる異性も要注意となり、これらを教えてしまうと大量の迷惑メールや
迷惑電話が来てしまうこともあります。

 

初心者が心がけるポイント

出会いアプリを使ったことがないという方は、登録する前に
安全に利用することができるかを見極める必要があります。

 

見極め方としては、しっかりと年齢制限を定めているか、信用できる会社が運営しているかどうかとなります。

 

信用度が高いものとしては、大手の会社が運営していることと、有料でサービスを提供しているアプリとなります。

 

完全に無料のサービスもありますが、サクラや業者が紛れ込みやすく、
被害にあってしまう確率が高くなるため、初心者のうちは月額制のアプリを利用されたほうが良いでしょう。

 

最近ではFacebookのアカウントがあることが条件としているところも多く、そちらの条件を定めることによって
サクラや業者を紛れ込みにくくするため安心して利用することができます。

 

アプリによっても異なりますが、24時間運営が監視しているアプリもあるため、
もしサクラや業者が紛れ込んだとしても
すぐに運営側で対処され、被害に遭う確立を下げることができます。

 

安全なアプリを利用しても被害に遭ってしまったという方もいるため、使い初めて間もない時には、
少しでも怪しいと感じたらサクラや業者を疑ったほうが良いでしょう。

 

異性からやり取りをした後直後にLINEやメールなどの交換、ULRが送られてくる、
儲け話を持ち掛けられるなどをされた時には要注意となります。