ありがちな大学生での初めての出会いと恋愛

出会いが多い大学生時代、そこから何を思うのか?

まずは、よくある大学生時代の出会いとその後の結婚までの体験談を紹介します。
話の内容としては、よくあるようなどこでも聞けるような内容です。

 

私の人生の中で一番出会いの体験が多かった場所が大学です。
高校を卒業した後に私は4年制の大学へ進む事になったのですが、
高校生の頃よりも断然、人と出会えるチャンスが多かったです。

 

高校生の頃は恋愛よりも、勉強に力を入れている人が多く、あまり出会えるチャンスは生まれませんでしたが、大学の場合は進学を既に合格した方が集まり、さらに日本全国から学生が集う場所ですのでチャンスが山ほどあります。

 

周りも同年代がほとんどですので、そこから自然に会話が弾み恋愛になっていくことも多かったです。
私の場合はそこで一人の運命の女性と巡りあうことが出来て、最終的には結婚をするに至りました。
学生の方は大学へ行けば出会えるチャンスが沢山あるので高校卒業した先の進路として目指して見るのもオススメです。

 

ちなみに、学生生活の中でも普通に出会えるチャンスはあるのですが合コンに参加するとさらに、チャンスは増えてきます。大学生と言ったら合コンですが、私は良くそれに参加して女の子をゲットしていました。美味しいお酒や料理を楽しみ、さらに女の子ともコミュニケーションも楽しめるので本当に良かったです。合コンへの誘いが来たら、迷わず参加して行きたいですね。

 

ありがちなというか理想的とでもいうのでしょうか、このようにすんなり出会えて結婚までいければいいですよね?

 

しかし、意外とこのようなケースは少ないです。

 

高校生よりも大学生のほうが出会いが多く、その後の人生でも長い付き合いになるケースも多いですが
近年では、ネットの普及による様々な影響により、人とのつながり、出会いも少なくなっているのも事実です。

 

この人の経験談の通りに、たしかに、コンパなどの飲み会に誘われたら積極的に参加する方がいいでしょう。

しかし、そんなことはわかっていてもなかなか参加が出来ないという人もいます。
結果的に、寂しい大学生生活を送ってしまうようになるのです。

 

一番いいのは、勇気を出して積極的に友達を作ることですが
それが出来ない人は、他の方法を考えればいいのです。

 

まず、友達を作ろうとは思わない

これは、違う意味に感じるかもしれませんが、
あまり意気込みすぎて空回りしないように
という意味です
新しい生活、新しい土地で、今度こそはという思いが強すぎると
その思いが空回り、結果的にうまくいかないことがよくあります。

 

だから、そこまで意気込ます、出来る限り自然体でいることを心がけるようにましょう。
そうなると、必然的に一人の時間が多くなるかもしれません。
でも、それでもいいんです。

 

一人でいる事には、慣れてるでしょ?
だったらそこまで意識しないでもいいんです。

 

まずは、自分自身が自然体でいられる状態を作りましょう

 

 

友達を作るという意識よりも好きな事をする

サークルに参加したり、飲み会に参加したり出来ればいいですが
あまり気が乗らないのに参加しても、いい結果には結びつきません。

 

だったら、その次の段階は、
自分の好きな事を探す!です。
趣味の釣りでも山登りでも、なんでもいいんです。
アウトドアが苦手なら、ゲームでもいいんです。

 

でもここで注意してい欲しいのは、インドアの場合は
新しい好きな事です。

 

いくら好きだからと言って、ゲームばかりして家の中にいても何も変わりません。

 

だから、インドアで好きなものを探す時は新しいものにしてください。

 

すると、気持ちの変化が現れます。
新しい土地で新しい環境で新しい事をする

 

自然と、気持ちも積極的になり、他の事でもいい方向に向かうようになります。

 

 

この自然な気持ちの変化が重要なのです。

 

まずは、空回りしないような自分の変わり方を考えてみてください。